頬のたるみは顔のストレッチで解消

a0001_017439.jpg

頬のたるみが目立つと、それだけで年齢を重ねているように見えるため、気にする人は大勢います。加齢とともに頬が多少たるむのは仕方のないことですが、なるべく防ぎたいものです。頬のたるみができる理由は色々ありますが、表情筋が弱くなることもその理由にあります。そのため、頬のたるみ改善には表情筋を強くすることがいいといいます。表情筋を鍛えるにはストレッチがおすすめです。表情筋を鍛えれば肌の代謝も高まり同時にたるみの予防になります。

テレビを見ながらやったり、他の作業をしながらできるストレッチなので、軽い気持ちでできます。頬に影響を与える筋肉は、まず、耳の下から唇に向けてあるものがあります。頬をへこませて口を前方にとがらせ、そのままゆっくりと5秒数えましょう。次にゆっくりと頬に空気をためていき思い切りふくらませて5秒間キープしゆっくりと元に戻しましょう。このストレッチを継続することによって、頬のたるみを解消することが可能です。

口呼吸をしている人は、口もとをしめるようにしましょう。ストレッチには、口を縦に大きく開いて唇を突き出すものもあります。くちびるを正面から見えなくなるまで口の中に巻き込んでいく5秒キープしゆっくりと元に戻しましょう。作業の合間などにストレッチをする時間があれば、顔のストレッチをして頬の筋肉を鍛え、頬のたるみのない弾力ある肌を目指したいものです。

頬のたるみ解消マッサージ

年齢による影響で頬のたるみが大きくなれば、急激に老けて見えるようになるとされています。いつまでも若々しい肌でいるためには頬のたるみを防ぐことが大切です。頬のたるみへの有効な対策として、日々のマッサージケアがあります。化粧水をつける時や、ファンデーションを塗る時は、下から上、内から外を心がけて肌に触れることが、肌のマッサージの意味でも重要です。手の動かし方を意識するだけでもかなり違います。時間のあるときにはマッサージクリームを使ってたるみ解消マッサージをしましょう。

どのくらいの力を込めてマッサージをすることも重要です。マッサージでしわが増えては元も子もありません。マッサージをすることが皮膚に負担になってしまわないように、優しく触れます。頬は小さく円を描きながら中心から外へマッサージします。らせんを描くように意識して行うとうまくできます。時間に余裕がなくて、なかなかマッサージをすることができない人もいます。

頬のマッサージをする場合は、メイクを落とす時のような感覚で指を使って、優しく刺激していきます。下から上、内から外という動きさえ覚えてしまえばどんな人でも簡単に行うことができます。マッサージは続けることで効果を発揮します。効果を焦らず、毎日きちんと実践することで、たるみのない頬になれるでしょう。

頬のたるみの原因

年を重ねるにつれて、頬のたるみが気にかかるようになったという人がいます。いったい何が原因で頬がたるんでしまうのでしょうか。年を取るにつれて、重力に引かれて頬は下に下がってきますが、これがふけて見える理由になります。

もしも鏡で自分の顔を見たときに、ほおの毛穴が今までより開いて見えているならば、たるみの予兆です。頬を手のひらで持ち上げて毛穴が目立たなくなるようならたるみのサインです。肌がたるむのは、肌のみずみずしさが失われ、ハリがなくなってきたためです。お肌の弾力に貢献していたコラーゲンは、紫外線の影響で壊れやすく、そのため肌がたるんだりします。顔の表情筋もたるみに大きく関係しています。いろいろな表情をするたびに動く表情筋は年齢とともに衰えていきます。体の他の部位にある筋肉と同様、使わなければ弱ってしまうわけです。

頬杖をつくとほおに負荷がかかり、ほおのたるみができやすくなるなど、普段の行動がたるみの原因を作っていることがあります。眉間にシワがあったり、口元がヘの字になっている人もいるのではないでしょうか。口角が下がっている頬のたるみはどんどん進行してしまうといいます。たるみのない、弾力のある頬をキープしたい場合は、毎日のちょっとした行動から見直してみていってください。

最近は、アスタキサンチンという栄養成分が関心を集めており、サプリメントなどでも人気です。カロチノイドの一種であるアスタキサンチンは、赤い色素です。強い抗酸化作用を持ち、老化の原因となる活性酸素の働きを防ぐ働きがあります。

アスタキサンチンはアンチエイジングに効果があるとされており、サプリメントだけでなく化粧品でも使われています。アスタキサンチンの美肌効果に着目して、成分を化粧品に取り入れたのがフジフィルム社のアスタリフトです。通常のアスタキサンチンではなく、ナノ化することによって効果を高めているのがアスタリフトの特徴です。皮膚への浸透度合いが良いことが、人気の理由といえるでしょう。

astalift.JPG

体の中からアスタキサンチンを補給するために、サプリメントも効果的です。化粧品としてもアスタキサンチンを肌に浸透させることで、より一層のアンチエイジング効果が期待できます。アスタキサンチンを配合したサプリメントを使う時には、アスタキサンチンを多く含む商品を選ぶのがポイントです。

健康食品会社によってサプリメント商品に配合されているアスタキサンチンの量は異なるので、購入時には確認するようにしましょう。サプリメントの中には、アスタキサンチンだけでなく、ビタミンC、ヒアルロン酸、コラーゲンのようなお肌の若さを保つための成分が一緒に含有されており、効率的に美肌効果が得られるようなタイプもあります。

アスタキサンチンの効果

最近、アスタキサンチンは化粧品やサプリメントなど様々な局面で活躍しています。サプリメントでアスタキサンチンが重宝されるのは、強い抗酸化力があるためです。実際アスタキサンチンの応用は多方面に可能なので、今後もより多くの分野で役立つことが期待されています。

抗酸化力が強いといわれているビタミンEの1000倍もの効果があるアスタキサンチンは、最強のカルテノイドともいいます。アスタキサンチンには、免疫細胞を活性酸素から守る効果があります。体の免疫を維持するために役に立ってくれる成分です。多方面の研究からも、アスタキサンチンががん細胞の増加を抑える効果があるということが知られています。多くの栄養素は脳関門に阻まれ、脳に届くことはありませんが、アスタキサンチンはその例外で脳や目にも効果を及ぼします。

アスタキサンチンの健康効果は多岐にわたっています。アスタキサンチンをサプリメントで摂取したいという人が多いのも、頷けることでしょう。美容に関心のある人にとっても、アスタキサンチンのサプリメントはとても気になる存在です。加齢によって起きる肌の変化を食い止めるためには、アスタキサンチンのような抗老化作用のある栄養成分をサプリメントなどで補充することがおすすめです。

アスタキサンチンのサプリメント

最近では数え切れないほど多くのサプリメントが販売されていますが、その中にアスタキサンチンのサプリメントがあります。そもそもアスタキサンチンとは何だろうと考える人もいるようです。

アスタキサンチンとは、サケやイクラ、エビ、カニといった、主に海の生物たちに多く含まれている天然の赤い色素のことです。アスタキサンチンはカロチノイドの仲間で、カロチンと同じグループです。アスタキサンチンは人間の体の中で作られる活性酸素を抑制する力があると言われており、サプリメントとして一躍有名になりました。抗酸化力が強い成分として知られているビタミンEより、千倍も酸化を抑制するそうです。

最近ではサプリメントだけでなく、アスタキサンチンを配合した化粧品も売り出されており、多くの活躍の場を持っています。毎日の食事から、アスタキサンチンの多いものを食べて補充をすることもできるでしょう。サプリメントで摂るととても効率が良くなります。血液中の活性酸素をふやさないためにも、アスタキサンチンを摂取しましょう。血管を常に若々しく保ったり、免疫力を高めてくれることでしょう。アスタキサンチンのサプリメントを摂取することで、体内のがん細胞が増えないようセーブする効果もあるのではないかとされています。

整形しない若返り法

josei300.jpg

多くの女性が、若返りをしたくても、本格的に美容整形したりエステに通うことには抵抗があると思っているといいます。一般の人にはなかなか敷居が高いのが美容整形で、健康保険が利用できないので値段も高いようです。普段の生活でも、できるだけ若返りができるよう積極的にいろいろな若返り方法を試してみるのもいいでしょう。



美容整形で行われるヒアルロン酸の注入ですが、最近では化粧品でもヒアルロン酸を含む商品が数多く販売されています。若返り効果はさすがに美容整形で直接皮膚に入れるよりは、少ないといえます。期待できそうなのは、肌の保湿力を高め、しわをできにくくする効果です。若返りの効果も、肌は常に保湿を心がけたり、血行を良くすることで期待できるといえます。化粧品は自分の肌に合ったものを利用し、メイクをきちんとする事で見た若返りを目だけでも図ることは不可能ではありません。



アンチエイジングとは、いくら整形で顔の若返りを試みたとしても、体全体が老けこんでいたらとても言えないのではないでしょうか。中年を過ぎるとホルモンの関係もあり、体型も変わっていくので、特に女性は注意がしなければなりません。普段から積極的に運動を心がけ、一度食生活を見直してみたりしましょう。生き生きとした女性に見た目も写るように、体全体が若返ることで整形をしなくてもなることが可能でしょう。

若返りとプチ整形

いったい若返りとプチ整形の特徴はどんなものなのでしょうか。たくさんアンチエイジングといった若返りの美容法は存在しています。美容法の中でも美容整形外科での施術が、より効果があります。表情も別人のようになってしまい、大きく顔全体が変わるように、整形と聞くとイメージする人もいるでしょう。そういった大掛かりな施術より、むしろプチ整形と呼ばれるような比較的簡単な施術が主流となっているのが、最近の美容整形です。



特に人気がある若返りの施術は、手軽で簡単に行うものなのです。肌にヒアルロン酸を注入することで、たるんだ肌にハリを持たせたりしわをなくす効果が期待できます。メスは使わない整形術です。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分です。美容整形にありがちな失敗や副作用が少なく、安全に行うことができます。このようなヒアルロン酸などによる若返りの効果はずっと続くわけではありません。ある程度時間がたつと有効成分が体内に吸収されるのです。一定期間をおいて何度も注入しなくては若返りをキープすることはできません。



美容整形でフェイスリフトを受けるのも、もっと持続的に若返りを目指すのであれば方法のひとつです。フェイスリフトは肌に刺激を与えるような簡単なものがあります。中の筋肉などを顔の皮膚をはがし強制的にひきあげるといった若返りの整形方法には本格的なものもあるそうです。

若返りと整形

いったい若返りと整形にはどんな関係があるのでしょうか。近年はアンチエイジングと呼ばれるような若返りがとてもブームになっています。テレビや美容雑誌などでも積極的に取り上げられており、実年齢よりもかなり若く見られる女性がとても増えているようです。どうしても肌がたるんできてしまうのは、加齢に伴い人間は、顔にはしわが目立ち始め、肌に弾力が無くなっていくからです。肌のたるみを解消したり、できるだけ肌の老化を起こらないように予防するのが若返りの秘訣と言われています。



なかなか難しいといえるのが、体内でおこる老化現象を止めることです。適切に美容整形外科などで施術してもらい、若返りを図っている女性も、実際はけっこういるようです。とても他人からの視線を気にしているのが、特にセレブと呼ばれる人たちやテレビに出るような女優さんやタレントではないでしょうか。積極的に若返りの方法を取り入れているようです。高価な美顔器を購入したり、定期的にエステに通ったりしているようです。



格段に美容整形の技術も上がって安全性もここ数年は高くなってきているといいます。それによって可能なのが、誰にも知られないうちに整形を受けることです。若返りをする方法は、メスを使うような整形手術でなくてもたくさんあるようです。一般の女性も広く利用しているのが美容整形外科で施術するヒアルロン酸を利用した若返りで、特に最近はとても人気があり、比較的値段も安いといいます。

美容整形でフェイスリフトをする前に

フェイスリフトのために美容施術をする場合、あらかじめ気をつけたいことがあります。皮膚の弾力性を高め、たるみやしわを目立たなくするには、フェイスリフトが効果的です。具体的には美容整形やサプリメント、ストレッチやマッサージです。美容整形には、光を使うサーマクールや薬品で肌を引き締める方法、メスでたるみ箇所を切除したり、メスを入れた場所から皮膚を引き上げるフェイスリフがあります。



フェイスリフトには、専門的な機材がなくても自宅でできるものもあります。運動やマッサージで表情筋や皮膚の血流を改善し、皮膚を引き締めるなどです。元々人間は若いうちから表情筋が持っている能力の約3割程度しか使っていないとされています。未使用の表情筋は加齢と共に細く小さくなってしまいます。そのため、フェイスリフトのために表情筋を鍛えるという方法が有効です。ほっぺたと口のはじを一気に上げる運動が、典型的なものです。右の口角と頬を上げて数秒間持続し、次に左の口角と頬を上げ同じように数秒間持続。左右繰り返し、それぞれ10回を目安に行うという内容です。



リンパマッサージでリンパの循環を促進し、不要な水分や老廃物が顔面に溜まらないようにするというやり方もあります。顔にもリンパの流れが多く集中しているため、頬のたるみやフェイスラインを上げるフェイスリフト効果が期待出来るとされています。顔にメスを入れて美容整形をするという方法もありますが、マッサージや表情筋エクササイズの方が効果ができる場合もあります。お金をかけずに手軽にできる点も魅力的です。フェイスリフトのために美容整形を行う人は少なくありませんが、マッサージや表情筋エクササイズは5年~10年単位で顔を引き締める効果が期待できると言われています。