美容整形でフェイスリフトをする前に

フェイスリフトのために美容施術をする場合、あらかじめ気をつけたいことがあります。皮膚の弾力性を高め、たるみやしわを目立たなくするには、フェイスリフトが効果的です。具体的には美容整形やサプリメント、ストレッチやマッサージです。美容整形には、光を使うサーマクールや薬品で肌を引き締める方法、メスでたるみ箇所を切除したり、メスを入れた場所から皮膚を引き上げるフェイスリフがあります。



フェイスリフトには、専門的な機材がなくても自宅でできるものもあります。運動やマッサージで表情筋や皮膚の血流を改善し、皮膚を引き締めるなどです。元々人間は若いうちから表情筋が持っている能力の約3割程度しか使っていないとされています。未使用の表情筋は加齢と共に細く小さくなってしまいます。そのため、フェイスリフトのために表情筋を鍛えるという方法が有効です。ほっぺたと口のはじを一気に上げる運動が、典型的なものです。右の口角と頬を上げて数秒間持続し、次に左の口角と頬を上げ同じように数秒間持続。左右繰り返し、それぞれ10回を目安に行うという内容です。



リンパマッサージでリンパの循環を促進し、不要な水分や老廃物が顔面に溜まらないようにするというやり方もあります。顔にもリンパの流れが多く集中しているため、頬のたるみやフェイスラインを上げるフェイスリフト効果が期待出来るとされています。顔にメスを入れて美容整形をするという方法もありますが、マッサージや表情筋エクササイズの方が効果ができる場合もあります。お金をかけずに手軽にできる点も魅力的です。フェイスリフトのために美容整形を行う人は少なくありませんが、マッサージや表情筋エクササイズは5年~10年単位で顔を引き締める効果が期待できると言われています。