頬のたるみの原因

年を重ねるにつれて、頬のたるみが気にかかるようになったという人がいます。いったい何が原因で頬がたるんでしまうのでしょうか。年を取るにつれて、重力に引かれて頬は下に下がってきますが、これがふけて見える理由になります。

もしも鏡で自分の顔を見たときに、ほおの毛穴が今までより開いて見えているならば、たるみの予兆です。頬を手のひらで持ち上げて毛穴が目立たなくなるようならたるみのサインです。肌がたるむのは、肌のみずみずしさが失われ、ハリがなくなってきたためです。お肌の弾力に貢献していたコラーゲンは、紫外線の影響で壊れやすく、そのため肌がたるんだりします。顔の表情筋もたるみに大きく関係しています。いろいろな表情をするたびに動く表情筋は年齢とともに衰えていきます。体の他の部位にある筋肉と同様、使わなければ弱ってしまうわけです。

頬杖をつくとほおに負荷がかかり、ほおのたるみができやすくなるなど、普段の行動がたるみの原因を作っていることがあります。眉間にシワがあったり、口元がヘの字になっている人もいるのではないでしょうか。口角が下がっている頬のたるみはどんどん進行してしまうといいます。たるみのない、弾力のある頬をキープしたい場合は、毎日のちょっとした行動から見直してみていってください。