頬のたるみは顔のストレッチで解消

a0001_017439.jpg

頬のたるみが目立つと、それだけで年齢を重ねているように見えるため、気にする人は大勢います。加齢とともに頬が多少たるむのは仕方のないことですが、なるべく防ぎたいものです。頬のたるみができる理由は色々ありますが、表情筋が弱くなることもその理由にあります。そのため、頬のたるみ改善には表情筋を強くすることがいいといいます。表情筋を鍛えるにはストレッチがおすすめです。表情筋を鍛えれば肌の代謝も高まり同時にたるみの予防になります。

テレビを見ながらやったり、他の作業をしながらできるストレッチなので、軽い気持ちでできます。頬に影響を与える筋肉は、まず、耳の下から唇に向けてあるものがあります。頬をへこませて口を前方にとがらせ、そのままゆっくりと5秒数えましょう。次にゆっくりと頬に空気をためていき思い切りふくらませて5秒間キープしゆっくりと元に戻しましょう。このストレッチを継続することによって、頬のたるみを解消することが可能です。

口呼吸をしている人は、口もとをしめるようにしましょう。ストレッチには、口を縦に大きく開いて唇を突き出すものもあります。くちびるを正面から見えなくなるまで口の中に巻き込んでいく5秒キープしゆっくりと元に戻しましょう。作業の合間などにストレッチをする時間があれば、顔のストレッチをして頬の筋肉を鍛え、頬のたるみのない弾力ある肌を目指したいものです。